【筋トレにおすすめのすき焼き和そば】牛肉+植物タンパク質でアミノ酸スコア向上の筋肉飯



すき焼きうどんは美味しくて筋トレ筋肥大にも適した食事ですが、麺を和蕎麦にすることでさらにタンパク質を強化できるだけでなく、アミノ酸スコアも向上させることができます。その筋トレ飯の作り方をご紹介します。



■牛赤身肉・そば・焼き豆腐のカロリー・栄養素

●いずれも高タンパク質で最高の筋肉食材



こちらが、今回の材料の牛赤身もも肉・和蕎麦・焼き豆腐と野菜です。タンパク質食品それぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○牛赤身肉のカロリー・栄養素

エネルギー:140kcal
タンパク質:22.5g (90kcal)
脂質:4.6g (41.4kcal)
炭水化物:0.5g (2kcal)

○和蕎麦のカロリー・栄養素

エネルギー:296kcal
タンパク質:12.48g (49.92kcal)
脂質:1.82g (16.38kcal)
炭水化物:57.46g (229.84kcal)

○焼き豆腐のカロリー・栄養素

エネルギー:88kcal
タンパク質:7.8g (31.2kcal)
脂質:5.7g (51.3kcal)
炭水化物:1g (4kcal)

いずれの食品も高タンパク質で非常に優秀な筋トレ食品であることがわかります。これらを組み合わせることにより、動物タンパク質+植物タンパク質のコラボでアミノ酸スコアも向上します。

■すき焼き和そばの作り方レシピ

●すき焼きうどんと作り方は同じ



まずは、牛赤身肉を焼いていきます。肉の旨みを最大限引き出せるように、しっかりと肉は広げて焼きましょう。



肉が焼けたら、豆腐と野菜類を加えて煮込んでいきます。味つけは醤油:砂糖:みりん=1:1:1がおすすめです。



肉と野菜にしっかりと火が通ったら、和蕎麦を入れてさらに少し煮ていきます。煮すぎるとそばが崩れるので注意してください。