【筋トレむきホタテ飯の炊き方】高タンパク質低カロリーな貝類メニュー



高タンパク質低カロリーで、筋トレに最適な貝類であるホタテを使った炊き込みご飯の作り方をご紹介します。




■ホタテのカロリー・栄養素

●かなり高タンパク質低カロリー



こちらが、今回の材料のホタテ貝です。その可食部100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:72kcal
タンパク質:13.5g (54kcal)
脂質:0.9g (8.1kcal)
炭水化物:1.5g (6kcal)

かなりの高タンパク質低カロリーで、とても優秀な筋トレ食材であることがわかります。

■ホタテご飯の炊き方

●ヒモの部分は煮付けにする



まずは、ホタテを貝柱とそれ以外の部分(ヒモ)に分けます。

ヒモの部分は魚介臭さがありますので、ご飯とは炊かず、別で煮付けにして最後にホタテご飯に乗せます。



普通に米をとぎ、通常の水加減にしてホタテ貝柱を入れ、みりんと薄口醤油で味付けをします。

ホタテの香りはほのかなので、香りの強い濃口醤油は使いません。



一方、ヒモの部分はみりん・濃口醤油・おろし生姜とともに煮付けていきます。



このような感じに出来上がりました。



ホタテご飯のほうも炊き上がりました。



ご飯をつぶさないように気をつけて、貝柱をほぐしながら混ぜ合わせていきます。



後は、熱々のホタテご飯にヒモの煮付けを乗せ、刻み海苔やゴマをトッピングして完成です。

とても簡単に作れますので、ぜひチャレンジしてみてください。